【シェア畑】1年間で野菜がどれだけ収穫できるの?

シェア畑 野菜 何 どれだけ 収穫できる 畑のメリット
この記事は約8分で読めます。

レンタル農園で、1年間でどんな野菜をどれだけ収穫できるのでしょうか。

我が家では、「シェア畑」を利用して、これまで3年ほど、家庭菜園・野菜づくりを経験してきました。

この記事では、2021年の1年間で、どんな野菜を、どれくらい収穫できたのかをまとめてみました。

レンタル畑を借りて野菜を育ててみたい方や、家庭菜園をはじめてみようと考えている方に参考になるはずです。

収穫できた野菜と量(春夏)

まずは、2021年シーズンの春夏に収穫できた野菜・果物を紹介します。

時期は、4月~10月になります。

イチゴは、前年の秋に苗を植えていて、年を越して5月に収穫となります。

イチゴ以外の野菜はすべて4月以降に苗を植えたり、種をまいたりして育て、収穫まで至っています。

葉物(春菊、小松菜、カブ、みなとべかな)

4月上旬に種まきした葉物が、4月末にはだいぶ成長しました。

4月末の時点で、小松菜、カブ、みなとべかなは収穫OK。春菊はもう少し大きくなってからの収穫です。

収穫は一度ではなく、食べれる量を複数回にわけて収穫しました。半ウネですが、けっこうな量を収穫できました。

収穫できた野菜 葉物

イチゴ(宝交早生)

5月に入ると、イチゴ(宝交早生)の収穫時期を迎えます。

昨年の秋に苗から植えたイチゴです。

イチゴは、4株で、1回に5粒~15粒程度を、6~7回程度収穫できました。

宝交早生(ほうこうわせ)は家庭菜園ではメジャーな品種ですが、やわらかく運搬・流通に不向きなので、スーパーには並ぶことがないイチゴです。

サンチュ

6月のに入ると、5月の頭に植えたサンチュの収穫時期を迎えます。

サンチュは3ヶ所に点まきで育てましたが、1回にサラダ2人分程度を5~6回ほど収穫することができました。

サンチュは、葉っぱを切り取る収穫方法で、7月頃まで何回でも生えてくるまで収穫できます。根っこから抜いてしまうと1回しか収穫できませんが、葉っぱを切り取る方法だと、4~5日後に新しい葉っぱが再び生えてくるのです。

ナスと甘長とうがらし

6月下旬になると、5月に苗を植えたナスと甘長とうがらし(辛くない)の収穫がはじまってきます。

ナスと甘長とうがらしは、最初にできた実は株を大きく育てるために早めに収穫します。そうすることで、株が大きく成長してくれて、最長で10月中旬頃まで実がなり続けます。

ナスは約80個、甘長とうがらしは約150個ほど収穫できました。

ナスと甘長とうがらしは、本当によく実り、食べ飽きるくらい収穫できます。

ちなみに、ピーマンと甘長とうがらしのどちらを栽培するのかは「シェア畑」では自由に選択できます。うちの場合、前回がピーマンだったため、今回は甘長とうがらしを選んでいます。

ミニトマト

7月に入ると、5月に苗を植えたミニトマトが色付きはじめ、赤くなった実から収穫がはじまります。

ミニトマトは、8月下旬までに100個くらい収穫できました。やや虫に食べられてしまったので、少し収穫数が減ってしまいました。

ミニトマト

枝豆

枝豆は、5月頭に種まきし、7月に収穫することができます。

枝豆は、半ウネの広さの中に4ヶ所点まきします。

枝豆の収穫タイミングは短く、放置しておくとだんだん黄色くなってきてしまいます。

なので、食べきれるかどうかに関係なく、一度に全部収穫する必要があります。小さなビニール袋に3袋分の枝豆を収穫できました。

小玉スイカ

小玉スイカは5月頭に苗を植えて、7月~8月に収穫することができます。

「小玉」とはいうものの、収穫したらずっしりと重く、食べられる量も多いスイカです。

小さいものも含めると、5個収穫することができました。

ちなみに、「シェア畑」では、小玉スイカではなくキュウリの栽培を選択することもできます。うちの場合、キュウリよりもスイカの方が食べたいため、今回は小玉スイカを選んでいます。

モロヘイヤ

モロヘイヤは6月に種をまき、7月~8月に収穫することができます。

モロヘイヤは、やわらかい茎と葉っぱを主にサラダにして食べる野菜です。モロヘイヤは採っても採っても次から次へと生長するので、いくらでも収穫できるという印象でした。

1回の収穫でサラダ2人分程度を5回ほど収穫できました。しかし、もっと収穫しようと思えばいくらでも収穫できたと思います。

収穫できた野菜と量(秋冬)

続いて、2021年シーズンの秋冬に収穫できた野菜を紹介します。

時期は、10月~3月になります。

里芋

里芋(サトイモ)は、4月に種イモを埋めて、11月に収穫となります。

里芋は、大小あわせて約30個を収穫することができました。

キャベツ

キャベツは、9月に苗を植えて、11月下旬に収穫となります。

キャベツ1個を収穫できました。

茎ブロッコリー

茎ブロッコリーは、スーパーで見かけるブロッコリーよりも茎が柔らかく、棒状に生えてくるブロッコリーです。別名「スティックセニョール」とも呼ばれます。

茎ブロッコリーは、9月に苗を植えて、11月から翌年2月くらいまで収穫を続けることができる野菜です。

1週間に1回、2人分のサラダにちょうどいい量を10回収穫できました。

芽キャベツ

芽キャベツは、大きさ3cm程度の小さなキャベツの形をした野菜です。

9月に苗を植えて、12月から翌年3月頃まで収穫が続けられる野菜です。

大根

大根は、種から育てました。

9月に種まきをして、11月から12月、遅くてもよければ翌年1月頃まで収穫が可能です。

大根は、小さいのも含め、8本収穫できました。

小松菜

小松菜は、9月に種まきして、10月には収穫することができました。

春の場合とほぼ同じですが、種まきから収穫までが1ヶ月と、短い期間で収穫できる野菜のひとつです。

小松菜は、全部あわせると、20株程度を収穫できました。

白菜

白菜は、9月に種まきして、12月くらいに収穫することができます。

「シェア畑」では、通常のプランに「ミニ白菜」の苗が支給されます。しかし、我が家では「ミニ」ではなく、普通のサイズの白菜を育ててみたかったため、種を自ら用意して栽培してみました。

正直、白菜は種まきのタイミングや、虫の除去など、育てることが難しい野菜でした。

それでも、なんとか1個、無事に収穫することができました。

玉レタス(収穫失敗)

玉レタスは、9月に苗を植えて、11月に収穫できる野菜です。

ところが、諸般の事情により、収穫タイミングに畑に行くことができず、収穫時期を逃してしましました。

そのため、レタスの中が腐って傷んでしまい、収穫することができませんでした。

なので、本来であれば、玉レタス1個収穫できるところが、0個となってしまいました。

レタス 収穫失敗

畑の広さは?

我が家でレンタルしている「シェア畑」の区画の広さは、2m×5mの10㎡です。

そして、ウネは4つになります。

「シェア畑」で借りられる区画の広さは、各農園によって違いがあります。

都会の中心地域に近づくほど、ひとつの区画の面積は、8㎡→6㎡→4.8㎡とせまくなっていく傾向があります。

逆に、郊外の農園では、10㎡をひとつの区画としている農園が多いです。

「シェア畑」に興味があれば、近所に農園があるか調べてみるこをおすすめします。

近所のシェア畑の探し方

民営のレンタル農園の「シェア畑」の近所の農園の探し方を紹介します。

以下のボタンからシェア畑のページに飛び、「お近くの農園を探す」から、県(都、府)→市(区)→農園、と絞り込みをしていくことで近所の農園を探すことができます。

\ 農園見学は無料です! /

スマートフォンの画面では以下のように操作していきます。
(例):「東京都足立区」の農園を探す場合
①少しだけ下へスクロールします
②都府県を選びタップ
③市区を選びタップ
④農園をタップ
⑤農園の詳細情報が出てきます

※オンライン説明会や、無料説明会のボタンをタップすると、説明会の予約画面になります

シェア畑は、無料で農園見学ができます。ただし、いきなりの飛び入りではなく、事前に申し込みをする必要があります。

見学は農園によって、インターネットから参加するオンライン説明会の場合と、実際に農園に行ってみてみることができる説明会にわかれています。

まずはこちらから近所に農園があるのか探してみましょう。

以下のボタンからシェア畑のページに飛び、「お近くの農園を探す」から、県(都、府)→市(区)→農園、と絞り込みをしていくことで近所の農園を探すことができます。

\ 農園見学は無料です! /

まとめ

【シェア畑】1年間で野菜がどれだけ収穫できるの?
  • 春夏野菜は、春菊・小松菜・カブ・みなとべかな・イチゴ・サンチュ・ナス・甘長とうがらし・ミニトマト・枝豆・小玉スイカ・モロヘイヤ を収穫することができました。
  • 秋冬野菜は、里芋・キャベツ・茎ブロッコリー・芽キャベツ・大根・小松菜・白菜 を収穫することができました。
  • いかがだったでしょうか? 個人的には、1年間で、意外にも多くの品種、多くの実を収穫できると改めて感じました。
タイトルとURLをコピーしました